商品解説詳細説明

液体は添加量を正確に入れていない又は入れすぎることがありましたがパウダーには計量カップが(5KG入)付いていますので入れ過ぎ防止になります。
液体から粉末になることにより重量が軽くなりこぼれた時にはかき集めることが可能です。
液体は攪拌してからタンク内に入れない限り濃度を保つことは大変です。その為、添加する防錆剤の量が半ばより少なくなると濃度が濃くなりベタツキ度合がひどくなる傾向があります。

- ベタツキと入れすぎによる弊害とは?? -

イオン交換樹脂の
劣化
樹脂表面をベタツキでコーティング状態にしてしまう為、
樹脂本来の能力が十分に発揮できない状態になる。
フルターの
劣化
フィルター表面をベタツキでコーティングすると同時に、
スラッジとスラッジをくっつけて大きなスラッジとなり
フィルターに行くため、フィルターの目詰まりを早くしてします。
機械周辺の
ダメージ
飛び散った加工液にベタツキが有る場合、周辺全体が
ベタベタになり、紙などは引っ付いて取れなくなります。
また、自動結線装置と給電ダイスへの影響としてワイ
ヤー線より出る真鍮粉の詰まりを助長する原因になります。

低コストとメンテナンスが容易になります。
液体防錆剤は、添加量が加工機の全タンク容量に対して0.2〜0.3%でしたがパウダーは0.1%と従来の半分の添加量で可能です。

※K-4WPは粉末ですのでかき混ぜながら少しずつ添加してください。

補給水等で濃度が低下し錆びの発生が早くなった場合は、補給水に対して0.1%程度(スプーン1〜2杯程度)を添加して下さい。 入れすぎにご注意ください。

※従来の液体防錆剤でも、全く錆びない防錆剤はありません。K-4WP(キックパウダー)もあくまで錆びの発生を遅らせている状態で防錆力は従来品と同等となります。


ADOBE PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader が必要です。
お持ちでない方は、リンクバナーよりダウンロードしてください。

キック